fx 経済指標

日銀の金融政策に及ぼす影響は、多少なりともあるだろう。すでに日本の金利水準はかなりの低水準なので、利下げ方向に対しては限界があるが、今後、景気が回復し、金利が上昇するという局面になれば、景気そのものの動きに対して先行性のある機械受注統計は、利上げのタイミングを読むうえで参考材料になる。

オススメ対応ダブルボトムは、為替レートが底値圏にあるというシグナル。ネックラインfx 経済指標前後まで反発したところで「買い」エントリーをしましょう。しっかり分析/情報の読み方を知るボックス相場で発生するダブルトップ(M字)、ダブルボトム(W字)は、ともに上昇もしくは下降トレントが発生するシグナルとして重要な形です。

売りから入ったこともありますが、こちらもマイナスでした。スワップポイントが日々引かれていくので、相場が動かない日が続くと精神的に良くないのです。そんな経験から「買いから入って最低でも利息が取れればいい。キャピタルゲインはプラスアルファ」という考えにたどり着きました。

基本的にこの数値がヒ昇したときはドルが買われる傾向にあります。また、小売売上高や個人支出などと同じ傾向が現れた場合には変動幅に与える影響も大きくなる場合もあります。日銀短観、日経平均株価など日銀短観とは、正宵りには「企業短期経済観測調査」と卜いかれます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>